SEO事業部の化粧品ドットコム HOME > お肌について

乾燥肌

乾燥肌はドライスキンとも言われ、肌の水分量・皮脂量が共に少ないので、シワができやすい肌の状態です。皮膚の表面の脂が少ないため、肌がカサカサし、化粧ののりが悪くなります。肌のきめは細かいことが多いようですが、つややうるおいには欠け、顔を洗ったあとは肌がバリバリした感じで突っ張った状態になります。

脂性肌

脂性肌はオイリー肌とも呼ばれ、皮脂が普通より多く分泌されている状態の肌のことです。洗顔で洗浄力の強いものを使ったり、ゴシゴシとこすり洗いによりお肌の刺激を与えているとますます皮脂の分泌量が増えてしまいます。皮脂をとりすぎるとかえってそれに反応して皮脂の分泌が活発になります。

混合肌

混合肌とは、脂っぽい部分と乾燥している部分をもった肌のことです。混合肌のなかで比較的多くみられるのは、Tゾーン(おでこから鼻にかけて)は脂っぽく、口元や目の周りは乾燥しているといった状態です。部分的ににきびができやすくなる場合があります。

インナードライ肌

インナードライ肌は、混合肌や脂性肌といわれている肌質とよく似ていますが、肌の表面は皮脂がたくさん分泌され潤っているにもかかわらず、肌の内側は砂漠のように水分不足で乾いている肌のことをいいます。インナードライ肌は、頬の毛穴が開いてしまい、皮脂過剰だと思い込んで脂性肌のケアをしているのに一向に治らないという症状がおこります。これが混合肌との区別のつけ方です。肌の内側が乾燥すると肌が水分の蒸発を止めようとして皮脂を過剰分泌させるためにおこる状態です。